キャッシング金利は重要視しておきましょう

キャッシング金利はキャッシングをするときにもっとも重要視するべきポイントでしょう。
現在何も考えずに借りてしまうと現在の金利の上限である18%になってしまう可能性が高いです。
大手の消費者金融でも最小で5%程度のものも存在します。
この13%の差はある意味とても大きなものと考えることもできます。
ただ、当然のことながらキャッシング金利が低いものはしっかりとした審査がありすぐに借りることができない場合も多くあります。
それに比べてキャッシング金利が高いものは即日に借りることができる場合が多いです。
例えば18%であっても10万円を一月借りるだけであれば18%あくまでも年利なので月利にすれば1.5%でつまり1500円の利子の支払いにしかすぎません。
また、金利のことを気にするのあれば最初のキャッシングであれば金利の無料期間があったりすることもあります。
また、常に一月程度は金利無料のときがあったりします。
このへんを総合的に考えてキャッシングをするべきです。