髪に優しいって嘘かお試しできる?傷めずに染める改善方法とは?

ドライヤーに切り替えスイッチがある場合は、「COOL」の方でも十分セットできます。
髪にダメージがある人は、このドライヤーの使い方を試してみてはいかがでしょうか。
(笑顔)日頃、ドライヤーの熱から髪を守る場合、専用のスプレーとか、トリートメントでケアすることが必要ですよね。
ですから、硬いしなやかさのない髪になってしまう恐れもあります。
(汗)また、塩分でも髪が痛みますよね。
例えば、海で泳ぐと髪がバサバサになったと言う経験はありませんかね。
塩が髪に付着すると、髪内部の水分が失われることで髪がバサバサになってしまします。
何故かと言うと、これは海水の弱アルカリです。
ですから、海水に濡れている時は、紫外線に無防備になっていますよね。
(汗)そんなことで海から上がったら髪を洗うことは大切と言えます。
(笑顔)(笑顔)紫外線に無防備になると言うことは、髪の中のタンパク質が硬化すると言うことです。
あと髪の強度が下がります。
ですから、切れ毛が多くなって、枝毛も出てきてしまいます。
(汗)紫外線を受けてしまいがちな人は、髪の毛に洗い流さないタイプのトリートメントをつけてください。
このようにして少しでも髪を守りましょうね。
(笑顔)また、パーマも同様ですね。
髪を傷めますよ。
(汗)それでも、白髪染めをしている人は、続けない訳にはいかないでしょうし、1ヶ月、2ヶ月に一回は染めていかないと、白髪が目立ちますね。
髪に優しいって嘘?傷めずに染める方法は?【団子の結論】